野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

燕ルーキまさか…敬遠で暴投、勝ち越し点献上 立ち上がった捕手の頭上通過

ヤクルトのルーキがまさかの暴投で勝ち越し点を献上した。

東京ヤクルト神宮

ヤクルトが福留に敬遠策もボール球が暴投に、中村が必死にジャンプも…

 ヤクルトのルーキがまさかの暴投で勝ち越し点を献上した。

 2点リードの7回、好投していたルーキー星が1死二、三塁とピンチを背負うと、ルーキがマウンドへ。しかし、高山、上本に2者連続タイムリー内野安打を許し、同点とされてしまう。続く糸井は一ゴロで2死二、三塁に。続く福留の打席で、信じられない出来事が起きた。

 一塁が空いていたため、ヤクルトは敬遠を選択。しかし、2ボールからの3球目が、立ち上がっていた捕手・中村のはるか頭上を通過。中村は必死にジャンプするも届かず、まさかの暴投で三塁走者が生還し、勝ち越し点を献上。最後の1球は中村が座ってボールゾーンに構え、福留を歩かせた。

続く中谷は二飛に仕留めたものの、この回、星の白星が消え、あっという間に1点ビハインドとなった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング