野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阿部慎之助、史上50人目&巨人生え抜き4人目の通算2000試合出場の価値

5月20日、巨人の阿部慎之助は横浜スタジアムのDeNA戦に「4番・一塁」で出場し、2001年のプロ入り以来、通算2000試合出場を果たした。これはNPB史上50人目。巨人生え抜きでは、王貞治(2831試合)、柴田勲(2208試合)、長嶋茂雄(2186試合)に次ぎ4人目の記録となった。

巨人東京ドーム

1500試合出場は187人も、2000試合出場は激減

 5月20日、巨人の阿部慎之助は横浜スタジアムのDeNA戦に「4番・一塁」で出場し、2001年のプロ入り以来、通算2000試合出場を果たした。これはNPB史上50人目。巨人生え抜きでは、王貞治(2831試合)、柴田勲(2208試合)、長嶋茂雄(2186試合)に次ぎ4人目の記録となった。

 NPBの1軍公式戦に出場した選手は6400人を超えるが、1000試合出場は482人(あと6試合で巨人、長野久義が達成)、1500試合出場は4月7日に西武、栗山巧が達成して187人(あと21試合で広島、石原慶幸が達成)、2000試合は50人に急減する。

 2000試合と言えば、143試合フル出場しても14年近くかかる。この間、故障をせず、しかもレギュラーを維持できる実力を保つのは並大抵のことではない。

 プロ野球選手は1試合に1本前後の安打を打つ。2000試合出場選手の多くは、47人いる2000本安打達成者と重なっているが、そうでない例もある。

【2000試合未満で2000本安打を打った選手】※は現役

川上哲治 1979試合 2351安打
小笠原道大 1992試合 2120安打
松井稼頭央 1849試合 2071安打 ※楽天
谷沢健一 1931試合 2062安打
和田一浩 1968試合 2050安打
野村謙二郎 1927試合 2020安打
A・ラミレス 1744試合 2017安打

 アベレージヒッターや打席が多く回ってくる上位打線を打った打者が多い。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中