野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・工藤監督、五十嵐の“験担ぎ”起用を自画自賛「いいタイミングでしょ?」

24日、ソフトバンクは10-4でロッテに連勝。一時逆転を許したものの、クリーンアップの本塁打揃い踏みなどで快勝した。試合後の工藤公康監督も終始ご機嫌だった。

クリーンアップの本塁打揃い踏みなどで快勝

 24日、ソフトバンクは10-4でロッテに連勝。一時逆転を許したものの、クリーンアップの本塁打揃い踏みなどで快勝した。試合後の工藤公康監督も終始ご機嫌だった。

 最初に口にしたのは、デスパイネの一発と相手エラーで同点に追いついた6回の攻撃だ。「追いついて、あれで一気に流れがこっちに来た」。それに続いて勝ち越しの満塁弾を放った4番・内川聖一を「さすがだね」と称えた。

「まっすぐを狙っていればひっかけるところ。本人も変化球が来ると読んでいたんだろう。最低でも犠牲フライをという場面で、最高の結果(を出すの)はさすがだなと思います」

 また、川島慶三の先頭打者本塁打については「初球のストレートを叩けば相手投手も不安になるし、こっちからすれば勢いがつく」と、伏兵の大仕事を振り返った。

 7回から起用した五十嵐亮太が早くも5勝目を挙げたが、それについては「いいタイミングでしょ?」と自画自賛。「そこの験は担いでますよ。勝てる投手がいる時はそこを信じてね」と、チームの逆転と五十嵐の勝運を信じての起用だったことを明かした。

 最後に、先発・攝津正の投球については「シンカーとカーブに頼りすぎているかな。もうちょっと自分のストレートを信じていいと思う」と振り返った。

【了】

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中