野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • イチローが特別な意味をもたせた背番号「51」 その後活躍した選手は?

イチローが特別な意味をもたせた背番号「51」 その後活躍した選手は?

プロ野球史上初のシーズン200安打、打者唯一となる5冠獲得、前人未到の7年連続首位打者……。43歳の現在も世界最高峰のメジャーリーグでプレーを続けるイチロー外野手(マーリンズ)がオリックス在籍時に残した伝説は枚挙に暇がない。グラウンドを離れたところでも、球界で初めて名字を除く登録名を用いてインパクトを与え、背番号「51」に特別な意味を持たせた。

20170529_ichiro3

今季は鈴木、上林、京田らが活躍、「イチロー後」の背番号「51」は45人

 プロ野球史上初のシーズン200安打、打者唯一となる5冠獲得、前人未到の7年連続首位打者……。43歳の現在も世界最高峰のメジャーリーグでプレーを続けるイチロー外野手(マーリンズ)がオリックス在籍時に残した伝説は枚挙に暇がない。グラウンドを離れたところでも、球界で初めて名字を除く登録名を用いてインパクトを与え、背番号「51」に特別な意味を持たせた。

「イチロー選手のように」。そんなメッセージが込められ、近年では俊足巧打の選手が背番号「51」を背負うことが増えた。そして、今季はイチローのプレーを見て育った「51番」たちがそれぞれ存在感は発揮している。

 イチローを超えたいと語る上林(福岡ソフトバンク)がブレイクを果たすと、京田(中日)はルーキーながら遊撃手のレギュラーに定着。そのストイックな精神がイチロー選手と共通するものを感じさせる鈴木(広島)は、4月下旬から4番を任されている。守っては木村文(埼玉西武)がライトフィールドのエリアでチームをもり立てる再三の好守を見せ、初の開幕1軍を勝ち取った石川直(北海道日本ハム)の登板数はチームで2番目に多い。

 それでは、イチローが海を渡った2001年以降では、どのような選手が背番号「51」を着けてきたのか。ここでは着用者のいないオリックスを除く11球団別に「イチロー後」の「51番」を通算成績とともに紹介する。※成績は()の背番号51着用年の通算

【日本ハム・北海道日本ハム】
小田智之内野手(1998-2006年)
359試合 806打数221安打16本塁打88打点 打率.274

歌藤達夫投手(2007-2008年)
25試合 0勝0敗0S 21.2回 13奪三振 防御率4.99

村田和哉外野手(2008-2014年)
211試合231打数58安打0本塁打10打点 打率.251

石川直也投手(2015年-)
18試合 0勝0敗0S 17.2回 18奪三振 防御率2.55

【楽天】
佐藤和宏投手(2005-2006年)
1軍試合登板なし

川岸強投手(2007-2012年)
152試合 11勝13敗18S 168.2回 127奪三振 防御率4.32

柿澤貴裕内野手(2013-2014年)
1軍試合出場なし

ルシアノ・フェルナンド外野手(2015年-)
43試合89打数17安打1本塁打7打点 打率.191

【西武・埼玉西武】
大島裕行外野手(2000-2012年)
406試合917打数232安打23本塁打106打点 打率.253

木村文紀外野手(2013年-)
264試合529打数110安打17本塁打50打点 打率.208

【千葉ロッテ】
於保浩己外野手(1998年-2005年)
36試合37打数8安打0本塁打1打点 打率.216

山北茂利投手(2006年)
1試合 0勝0敗0S 2.1回 1奪三振 防御率3.86

龍太郎投手(2006-2007年)
1軍登板なし

植松優友投手(2008-2015年)
2試合 0勝2敗0S 8.0回 8奪三振 防御率7.88

信樂晃史投手(2016年-)
1軍登板なし

【大阪近鉄】
ウィル・フリント投手(2001年)
1試合 0勝0敗0S 0.1回 0奪三振 防御率27.00

佐藤和宏投手(2002-2004年)
1試合 0勝0敗0S 2.0回 1奪三振 防御率0.00

【福岡ダイエー・福岡ソフトバンク】
荒金久雄外野手(2001年-2010年)
284試合378打数82安打5本塁打30打点 打率.217

金澤健人投手(2010-2013年)
129試合 4勝1敗3S 110.2回 70奪三振 防御率2.28

上林誠知外野手(2014年-)
65試合175打数53安打8本塁打25打点 打率.303

人気記事ランキング