野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • 中日、交流戦初勝利 4年目右腕鈴木が躍動、ゲレーロ4戦連発&2発でトップ14号

中日、交流戦初勝利 4年目右腕鈴木が躍動、ゲレーロ4戦連発&2発でトップ14号

中日が1日のソフトバンク戦で5-1と勝利し、交流戦初白星を掴んだ。先発した鈴木が強力ソフトバンク打線を8回2死まで1失点に封じる好投を見せると、打線はゲレーロが4戦連発の13号ソロを含む1試合2発を放つなど、5点を奪った。

ホークス中田は3戦連続KO

 中日が1日のソフトバンク戦で5-1と勝利し、交流戦初白星を掴んだ。先発した鈴木が強力ソフトバンク打線を8回2死まで1失点に封じる好投を見せると、打線はゲレーロが4戦連発の13号ソロを含む1試合2発を放つなど、5点を奪った。

 4年目右腕が初のヤフオクドームのマウンドで躍動した。初回、2回と三者凡退に封じて、上々の立ち上がりを見せると、4回2死一、二塁、5回1死一、三塁のピンチも粘りの投球で凌いだ。

 6回1死から柳田に甘く入ったスライダーを右翼席に運ばれ、1点を失ったが、失点はこれだけ。自己最長となる7回2/3を投げ、6安打1失点の好投で今季3勝目を挙げた。

 打線は初回に大島、荒木、藤井の3連打で1点を先制。4回にはゲレーロが4戦連発となる13号ソロを左翼席へと運び、6回無死一、二塁では、再びゲレーロが右翼フェンス直撃の適時打。さらに、代打・福田が右犠飛を放って加点。8回にはゲレーロが、五十嵐からキング単独トップに立つ14号ソロ。キューバ人助っ人が3安打2本塁打3打点と活躍し、勝利を呼び込んだ。2000本安打に迫る荒木はこの日2安打。通算1998安打とし、大台まであと2本とした。

 ソフトバンクは先発の中田が6回途中7安打4失点で、3戦連続のKO。打線も、中日先発の鈴木を捉えきれずに、奪った得点は6回の柳田の9号ソロによる1点のみに終わった。連続試合本塁打は15試合に伸びたものの、8試合で連続試合2桁安打はストップした。

【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

人気記事ランキング