野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • イチローら所属マーリンズ、今夏トレード敢行か 主力外野手も対象との声

イチローら所属マーリンズ、今夏トレード敢行か 主力外野手も対象との声

6月を迎え、メジャーは中盤に差し掛かろうとしている。50試合を超え、各チームの戦力が落ち着きを見せる中、ア・リーグ西地区アストロズとナ・リーグ東地区ナショナルズは2位以下に10ゲーム以上差をつけ、地区首位を快走している。

21070605_yelich

人材薄いマイナー選手の獲得に乗り出す可能性も

 6月を迎え、メジャーは中盤に差し掛かろうとしている。50試合を超え、各チームの戦力が落ち着きを見せる中、ア・リーグ西地区アストロズとナ・リーグ東地区ナショナルズは2位以下に10ゲーム以上差をつけ、地区首位を快走している。

 今季こそはプレーオフ進出を果たしたいマーリンズは、開幕当初こそ白星が先行したが、6月4日(日本時間5日)現在、24勝31敗と負け越し、地区首位ナショナルズには10ゲーム差、ワイルドカード争いでも2位ダイヤモンドバックスに8ゲーム差をつけられ、プレーオフ進出の望みは極めて薄くなってきた。となると、7月31日にやってくるウエーバー手続きを経ないトレード期限を前に“売り手”となることが濃厚だ。米スポーツ局「FOXスポーツ」の敏腕記者として知られるケン・ローゼンタール記者は、イチロー外野手、田澤純一投手らが所属するマーリンズに関してオズナ外野手、イエリッチ外野手、リアルミュート捕手ら生え抜きの主力をトレード放出する可能性があると報じている。

 オズナの名前は、昨年からトレード市場に浮上していたが、これまでイエリッチやリアルミュートの名前が出たことはない。リポートによれば、これまで球団が2人をトレードするつもりはなかったが、180度方向転換。プレーオフ進出が叶わないなら、他球団から幅広いオファーを受け付け、人材が薄いと言われる傘下マイナーに将来性を見込んだ選手を集める方向のようだ。

人気記事ランキング