野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

正念場迎えるソフトバンク 交流戦首位タイも止まらない“故障の連鎖”

ソフトバンクの故障の連鎖が止まらない。11日の阪神戦(ヤフオクD)。3回の走塁でアルフレド・デスパイネ外野手が右太もも裏を痛めて途中交代。試合中に福岡市内の病院で検査を受け、右太もも裏の肉離れと診断された。試合後、工藤公康監督ら首脳陣は、完治を優先させるために、12日に出場選手登録を抹消することを決めた。

20170311_kudo2

「飛車角落ち」どころではない―今度はデスパイネが右太もも裏肉離れ

 ソフトバンクの故障の連鎖が止まらない。11日の阪神戦(ヤフオクD)。3回の走塁でアルフレド・デスパイネ外野手が右太もも裏を痛めて途中交代。試合中に福岡市内の病院で検査を受け、右太もも裏の肉離れと診断された。試合後、工藤公康監督ら首脳陣は、完治を優先させるために、12日に出場選手登録を抹消することを決めた。

 この阪神3連戦。10日の試合では、高谷裕亮捕手が右手中指にファウルチップを当てて負傷。右手第三指末節骨骨折と診断され、11日に出場選手登録を抹消された。2日のDeNA戦(横浜)では、開幕から4番を打ってきた内川聖一外野手が空振りをした際に頚椎を捻挫。こちらも出場選手登録を外れている。

 相次ぐ負傷者。開幕時の4番、5番を欠く事態となり、工藤監督は11日の試合後「いるメンバーでやるしかない」と表情を曇らせていた。

 とにかく負傷者が今季は多い。先に挙げた面々だけではなく、チームの主力クラスにも負傷者が続出している。現在、ソフトバンクでチームを離脱している選手と負傷の状況、復帰の時期は以下の通りとなる。

人気記事ランキング