野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、救援打たれ7回途中3失点で6勝目ならず 5連敗脱出へ決死ダイブも…

田中将大、救援打たれ7回途中3失点で6勝目ならず 5連敗脱出へ決死ダイブも…

自己ワースト5連敗中のヤンキース田中将大投手は12日(日本時間13日)、敵地でのエンゼルス戦に先発し、6回2/3を4安打3失点(自責1)8奪三振2四球と好投した。3試合ぶりのクオリティースタート(6回以上を投げて自責3以下)を達成も、ランナーを残して降板すると、救援投手が打たれて白星はならず。6試合ぶりの6勝目はつめなかった。ヤンキースは8回にジャッジの22号2ランで勝ち越し、5-3で勝利した。

2番手クリッパードが同点に追いつかれる、ヤンキースはジャッジの決勝2ランで勝利

 自己ワースト5連敗中のヤンキース田中将大投手は12日(日本時間13日)、敵地でのエンゼルス戦に先発し、6回2/3を4安打3失点(自責1)8奪三振2四球と好投した。3試合ぶりのクオリティースタート(6回以上を投げて自責3以下)を達成も、ランナーを残して降板すると、救援投手が打たれて白星はならず。6試合ぶりの6勝目はつめなかった。ヤンキースは8回にジャッジの22号2ランで勝ち越し、5-3で勝利した。

 田中は初回、メイビンを二ゴロに打ち取るも、カルフーンにはツーシームをセンターに運ばれ、ソロ本塁打を浴びる。早くも今季18本目の被弾となり、先制を許した。続くプホルスには四球を与えたが、エスコバーは中直、バルブエナは空振り三振と追加点は許さない。

 2回は先頭シモンズにレフト前ヒットを許し、犠打で1死二塁のピンチ。しかし、マルドナードはスライダー、エスピノーザはスプリットで空振り三振に打ち取り、切り抜ける。

 すると、ヤンキースは3回にグレゴリウスのタイムリーで同点とする。その裏はメイビンを遊ゴロ、カルフーン、プホルスは連続三振。4回もエスコバーを遊ゴロ、バルブエナを空振り三振、シモンズを中直で、ヤングJrの犠打から9人連続アウトとする。

 ヤンキースは5回、チャンスで再びグレゴリウスがタイムリーを放ち、勝ち越しに成功する。田中はその裏もヤングJr、マルドナードを4球で打ち取る。続くエスピノーザの打球はマウンド横への弱いゴロとなったが、田中はこれに決死のダイブ。ボールをもぎ取って一塁に送り、3イニング連続の3者凡退とした。

 6回、田中は先頭メイビンを中飛に仕留め、13打者連続アウト。続くカルフーンにフルカウントから四球を与え、久々の走者を出したが、プホルスは右飛に打ち取る。エスコバーに右中間への二塁打を浴びるも、2死ニ、三塁でバルブエナを一ゴロ。リードを守った。

 ヤンキースは7回、ヘドリーのタイムリーで2点差とする。田中はその裏、1死から三塁ヘドリーの失策で走者を出すと、マルドナードは三振もヤングJrに二盗を許す。エスピノーザにはスプリットをライトに運ばれてタイムリーに。1点差に迫られ、ここで降板となった。すると、2番手クリッパードが後続に打たれて同点となり、田中の6勝目も消滅。失点は3となった。

 この日は89球を投げてストライクは62球。防御率は6.07となった。ヤンキースは8回にジャッジのメジャートップ22号2ランで勝ち越し、5-3で勝利した。

人気記事ランキング