野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • ソフトB柳田、史上初の交流戦「3冠王」も 現時点の個人成績ランキングは?

ソフトB柳田、史上初の交流戦「3冠王」も 現時点の個人成績ランキングは?

交流戦は残すところ5試合となった。リーグ間の勝敗は、パの45勝32敗1分と例年通りパ・リーグが優勢だが、個人成績はまだ予断を許さない。投打の主要な個人成績を見ていこう。

20170223_yanagita

柳田は本塁打&打点で“2冠”、投打の主要な個人戦績は…

 交流戦は残すところ5試合となった。リーグ間の勝敗は、パの45勝32敗1分と例年通りパ・リーグが優勢だが、個人成績はまだ予断を許さない。投打の主要な個人成績を見ていこう。

【打者】

◯打率3傑

1丸佳浩(広) .385
2中村晃(ソ) .380
3ウィーラー(楽) .377

 広島の丸が首位だが、現時点で50打席程度。残り試合で固め打ちをする選手が出れば、様相は一気に変わる。昨年は、ソフトバンクの伏兵、城所龍磨が.415の高率でタイトルを取ったが、こういうケースも考えられる。過去、3年間で2回、打率2位になっているソフトバンクの柳田悠岐(現在.358で8位)に注目したい。

◯本塁打3傑

1ゲレーロ(中) 7
1柳田悠岐(ソ) 7
3鈴木誠也(広) 4
3デスパイネ(ソ) 4
3バティスタ(広) 4

 ゲレーロと柳田が並んでいる。この二人に絞られた感がある。ゲレーロは13日も一発。6試合連続本塁打を記録するなど、まとめ打ちが得意なだけに一気に引き離す可能性がある。柳田は13日は無安打だが、好調を維持している。

人気記事ランキング