野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム斎藤佑、初回4失点も…その後14打者連続アウト「調子悪くなかった」

日本ハムの斎藤佑樹投手は14日、敵地での中日戦に先発。初回に4失点と炎上したものの、その後は4イニング連続3者凡退と持ち直して、5回4安打4失点でマウンドを降りた。2勝目はならなかったものの、斎藤佑が代打を送られた6回に味方打線が同点に追いつき、黒星は消えた。

5回4失点で2勝目ならずも打線援護で黒星は消える「反省は初回の入り」

 日本ハムの斎藤佑樹投手は14日、敵地での中日戦に先発。初回に4失点と炎上したものの、その後は4イニング連続3者凡退と持ち直して、5回4安打4失点でマウンドを降りた。2勝目はならなかったものの、斎藤佑が代打を送られた6回に味方打線が同点に追いつき、黒星は消えた。

 斎藤佑は初回、1死満塁のピンチでゲレーロに2点二塁打を浴びる。藤井にもライトへのタイムリーツーベースを許して2失点。いきなり4点を失った。

 しかし、2回以降は快投。4イニング連続の3者凡退。14打者連続アウトとして、6回の打席で代打を送られた。

 中田のソロ本塁打による1点のみのだった打線はこの回、2死から松本、西川の連打で一、二塁とすると、中田はセンターへ2点タイムリーツーベース。さらに、レアードはレフトへタイムリー。中田が激走し、同点のホームを踏んだ。リプレー検証が行われたが、判定どおりにセーフとなった。

 斎藤佑は降板後、「調子自体は悪くなかったんですけどね。反省は初回の入りですね。ビシエドのところを勝負しに行ってフォアボールを出してしまったことと、ゲレーロに甘い球を投げてしまったことですね。6回にチームが追いついてくれたので、この勢いで逆転してくれることを信じてしっかり応援します」とコメント。3年ぶりのシーズン2勝はお預けとなったが、黒星は消えて打線に感謝した。

 日本ハムは7回に勝ち越しに成功した。

【了】 

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中