野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 楽天&西武躍進、ロッテは大幅減…交流戦観客動員、球団別の明暗は?

楽天&西武躍進、ロッテは大幅減…交流戦観客動員、球団別の明暗は?

交流戦がホーム、ロードいずれかでの3試合制の18試合となって3年。今季の観客動員はどのように推移しているだろうか。

20151103_ito

交流戦は野球ファンの間で定着?

 交流戦がホーム、ロードいずれかでの3試合制の18試合となって3年。今季の観客動員はどのように推移しているだろうか。

パ・リーグ(%は昨年との増減)
日本ハム  24万6959人(8.6%)
ソフトバンク30万5312人(-5.3%)
ロッテ   17万7537人(-14.3%)
西武    22万7577人(10.0%)
楽天    21万7965人(12.3%)
オリックス 23万2997人(-0.1%)

 今季、不振にあえぐロッテが-14.3%と大きく観客数を減らしている。昨年は1試合平均2.3万人だったが、今年は2万人を割り込んだ。またソフトバンクは3年連続勝率1位となったが、観客動員は-5.3%。同球団は好調でもあまり数字に反映されない傾向がある。

 一方で、楽天は12.3%増、チームの好調が反映された形だ。西武も10.0%、日本ハムも8.6%増加させている。オリックスはほぼ昨年と同じ。パ・リーグ全体としては、140万8347人。前年より1.2%の増加となった。1試合平均は2万6081人だった。

 セ・リーグを見ていこう。

広島    26万6288人(-1.9%)
巨人    39万6010人(-2.2%)
DeNA    23万6315人(-1.1%)
阪神    38万7169人(2.6%)
ヤクルト  23万8052人(5.2%)
中日    26万22人(-3.9%)

人気記事ランキング