野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

発売同時にほぼ完売、球団に聞く“異例”西武ドラ3新人のグッズ製作の裏側

埼玉西武ライオンズのドラフト3位ルーキー源田壮亮内野手のグッズが、背番号「6」に合わせて6月6日に発売され、発売と同時にほぼ完売となる人気を博している。これまで、松坂大輔投手(現ソフトバンク)、菊池雄星投手、大石達也投手など、大きな注目を集めて入団したドラフト1位ルーキーのグッズ発売はあったが、ドラフト3位で入団した新人選手のグッズ発売は異例だという。好評となっているグッズについて、西武ライオンズ事業部の荒木浩基氏、小田明人氏に聞いた。

20170621_genda1

背番号「6」に合わせて6月6日に発売、なぜ球団は製作を決断したのか

 埼玉西武ライオンズのドラフト3位ルーキー源田壮亮内野手のグッズが、背番号「6」に合わせて6月6日に発売され、発売と同時にほぼ完売となる人気を博している。これまで、松坂大輔投手(現ソフトバンク)、菊池雄星投手、大石達也投手など、大きな注目を集めて入団したドラフト1位ルーキーのグッズ発売はあったが、ドラフト3位で入団した新人選手のグッズ発売は異例だという。好評となっているグッズについて、西武ライオンズ事業部の荒木浩基氏、小田明人氏に聞いた。

20170621_genda1
フェイスタオルのデザインを選ぶ西武・源田壮亮【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

 発売されたのは選手カタカナTシャツ、プレイヤーズプリントフェイスタオル、プレイヤーズアクリルキーホルダー、プレイヤーズフォトうちわの4点。源田の人気の高さもあり、開幕当初からグッズ製作の話はあったというが、ルーキーのグッズを取り扱うのは非常に難しいと小田さんは話す。

「発売のタイミングに1軍で活躍しているかわからないという問題がありました。しかし、源田選手が活躍を続け『これなら大丈夫だろう』と確信が持てたので、商品化に踏み切りました」

 グッズには源田が好きだという「灰色」が使われている。デザインにもこだわっており、俊足が持ち味の源田の疾走感をイメージしたシルエットを右端に配した。また、辻発彦監督就任1年目で、監督の現役時代と同じ内野手ということもあり、指揮官が現役当時のライオンズのユニフォームカラーである青、緑、赤のラインが入っている。

人気記事ランキング