野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

4回に待っていた落とし穴 プロ3年目の鷹ドラ1右腕が痛感した「1球の重み」

2発に泣いた。ソフトバンクの松本裕樹投手。24日の西武戦(ヤフオクD)で先発するも、4回にメヒア、外崎に2者連続アーチを浴び、5回途中3失点で2敗目。試合後は「1本目だけだったら、今日の展開だったら同点だったかもしれない」と、2本目の被弾を悔やんだ。

20170527_matsumoto

2発に泣いたホークス松本裕「1本目だけだったら…」

 2発に泣いた。ソフトバンクの松本裕樹投手。24日の西武戦(ヤフオクD)で先発するも、4回にメヒア、外崎に2者連続アーチを浴び、5回途中3失点で2敗目。試合後は「1本目だけだったら、今日の展開だったら同点だったかもしれない」と、2本目の被弾を悔やんだ。

 初回、浅村に二塁打を浴びたものの、3つのアウト全てを空振り三振で奪う上々のスタートを切った。3回までに5個の三振を奪い「相手の打者の反応を見ていたら、真っすぐで刺されていたし、ボールはいっているかなという感触があった」という。ただ、4回に落とし穴があった。

 先頭の栗山を中前安打で出塁させ、メヒアを打席に迎えた。ファール、見逃しと2球で追い込み、3球目は外角のカーブでボール。4球目に選んだのは、その真っすぐだった。

「決めにいって甘くなった」。捕手の甲斐が構えたアウトコースよりも内に入った。捉えられた打球はセンターバックスクリーンへ。2ランで逆転を許した。続く外崎にも、外角の真っすぐを右翼ホームランテラス席に運ばれた。いずれも真っすぐを捉えられての、2者連続被弾に「1球の重みを今日は感じさせられました」という。

人気記事ランキング