野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB石川、ハム戦で大谷に「投げてみたいような、みたくないような…」

27日、ソフトバンク・石川柊太が日本ハム戦の初戦に先発する。カードの頭を任されるのは初めてとなるが「そんなに意識はしていない。初戦だからといって力むとマイナスになるだけ」と、これまでどおりの気持ちでマウンドに上がる。

21070627_ishikawa2

パ相手&カード初戦で初先発、カギは「フォークをどれだけ投げられるか」

 27日、ソフトバンク・石川柊太が日本ハム戦の初戦に先発する。カードの頭を任されるのは初めてとなるが「そんなに意識はしていない。初戦だからといって力むとマイナスになるだけ」と、これまでどおりの気持ちでマウンドに上がる。

 5月31日の中日戦で初先発を飾った石川にとって、パ・リーグ相手の先発はこれが初めて。対戦するのは中田翔やレアードを有し、大谷翔平が1軍に復帰した日本ハムだ。交流戦前に中継ぎで3試合に登板し、対戦防御率5.40という成績だけに「あまりいいイメージはないです」と笑った。注目されるのは、打者として1軍に合流した大谷との対戦だ。

「投げてみたいような、みたくないような…。(大谷は試合に)出ない方がいいですけど、自分の球にどんな反応をするのかを見てみたいですね」

 また、これからシーズン終わりまで続くパ・リーグ球団との対戦について「フォークをどれだけ投げられるか」だと語る。

「どれだけ落としきれるかが、パ・リーグの打者へのカギになると思います。試合になるとまだ落ちきれていないので、(甲斐)拓也の配球の中でも決め球の順位的には上がっていない。フォークがあればもっと楽になると思うので、決め球にしていければ」

 150キロを常に超えるストレートと鋭い変化のパワーカーブ、スライダーで2勝を挙げてきたが、そこにフォークボールが加われば投球の幅は確実に広がる。パ・リーグ相手にさらなる白星を重ねるため、右腕は新たな決め球修得に挑んでいく。

【了】

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中