野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ、キャリアワーストタイ7失点 5回もたずKO、7勝目ならず

レンジャーズのダルビッシュ有投手が4日(日本時間5日)の本拠地レッドソックス戦で5回途中7失点で降板した。今季ワーストの11安打を浴び、7失点はキャリアワーストタイ。3年ぶりにオールスターに選出された右腕は7勝目を逃した。

レンジャーズ・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
レンジャーズ・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

レッドソックスに11安打浴びて降板

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が4日(日本時間5日)の本拠地レッドソックス戦で5回途中7失点で降板した。11安打、7失点ともにキャリアワーストタイ。3年ぶりにオールスターに選出された右腕は7勝目を逃した。

 ダルビッシュは初回、3者凡退に仕留めて上々の立ち上がりを見せたが、2回1死から5番H・ラミレスに中越え二塁打を許すと、6番ベニンテンディの中前安打で先制点を献上。さらに2死一、三塁から9番林に右前安打を浴びてこの回2失点を喫した。

 3回はゼロで抑えたが4回に再びつかまり、1死からベニンテンディ、ブラッドリーに連打を浴びて1死一、三塁とすると、バスケスにライト前にはじき返されて失点。さらに林にもセンター前に落ちるヒットを許して4失点目を喫した。

 さらに5回には1死からモアランド、H・ラミレスと連打で一、三塁とするとベニンテンディにライトへ3ランを浴びて7失点。この時点で降板となった。

 ダルビッシュの7失点はキャリアワーストで昨年9月17日のアスレチックス戦の5回7失点以来となった。この日は4回1/3で11安打7失点、防御率3.56となっている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング