野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「2番」挑戦のハム大田、左ふくらはぎ攣るも「1日集中して入っていけた」

日本ハムの大田泰示外野手が6日、本拠地での西武戦で途中交代した。「2番・左翼」で先発出場。3回に回ってきた第2打席で中前打を放ち、2本の安打で生還したが、走塁中に左ふくらはぎがつったため、5回の守備から退いた。

日本ハム・大田泰示【写真:石川加奈子】
日本ハム・大田泰示【写真:石川加奈子】

3回に二塁からドレイクの適時打で一気に生還

 日本ハムの大田泰示外野手が6日、本拠地での西武戦で途中交代した。「2番・左翼」で先発出場。3回に回ってきた第2打席で中前打を放ち、2本の安打で生還したが、走塁中に左ふくらはぎがつったため、5回の守備から退いた。

 この日は2番という打順に新鮮な気持ちで臨んだという。「メジャーだったりすると攻撃的だし、楽天のペゲーロだったり。面白い打順だなと思って。初めて経験して1日集中して入っていけたし、楽しみだった」と振り返った。

 7日のソフトバンク戦の出場については慎重ながらも前向きな姿勢を見せた。「状態を見てですね。自分としてはいくつもり。あとは監督の判断に任せます。ベストの状態で臨めるよう準備をしたい」と話した。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング