野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

3連勝の西武・辻監督が猛打賞の秋山絶賛「バットに当てようとする気持ち」

西武が6日、敵地で日本ハムに7-6で競り勝ち、3連勝を飾った。来日初先発のファイフが4回途中6安打4失点でKOされたものの、1点を追う3回に秋山翔吾外野手の2点適時二塁打で逆転。再逆転を許した後の6回にも秋山の2点適時打で試合をひっくり返した。

西武・辻発彦監督【写真提供:埼玉西武ライオンズ】
西武・辻発彦監督【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

9回に源田が見せたダイビング捕球「あれは大きい」

 西武が6日、敵地で日本ハムに7-6で競り勝ち、3連勝を飾った。来日初先発のファイフが4回途中6安打4失点でKOされたものの、1点を追う3回に秋山翔吾外野手の2点適時二塁打で逆転。再逆転を許した後の6回にも秋山の2点適時打で試合をひっくり返した。

「いろいろありましたね、今日は」と開口一番に語った辻発彦監督が収穫として挙げたのは、秋山の打撃だった。4試合無安打の後、2試合続けての猛打賞で4打点の活躍。「まだ本人は納得していないと思うよ」と言いながらも評価したのは、3回の右翼フェンス直撃二塁打だ。

 背中を押したのは指揮官だった。1死一、二塁でカウントは3-2。「ギャンブルかけて走らせた。二塁は銀仁朗だから三振ゲッツーになるかもしれない。最悪でもバットに当てようとする気持ちがね。ああいうバッティングをすると、バッティングが上がってくる」と辻監督はうなずいた。

 守りでは、源田壮亮内野手の好守を称えた。1点リードで迎えた9回1死から田中賢の中前に抜けそうなライナーをダイビングキャッチ。「あれは大きい。増田もうれしかったんじゃないかな」と振り返った。

 東京ドームで2試合行い、中1日おいて札幌での1試合という変則カードを3連勝で終えた。「みんな疲れているけれど、勝って行くのと負けていくのでは違うので」。休む間もなく7日からは仙台で首位の楽天に挑む。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング