野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

3試合目で初打点、ハム新外国人ドレイクがアイブラックを3本塗る理由とは

日本ハムのヤディル・ドレイク外野手が6日、本拠地での西武戦で初打点をマーク。試合は6-7で敗れたものの、来日3試合目で初お目見えした札幌ドームで地元ファンに大きな存在感を示した。

日本ハムのヤディル・ドレイク【写真:細野能功】
日本ハムのヤディル・ドレイク【写真:細野能功】

5回には闘志溢れるヘッドスライディングで生還

 日本ハムのヤディル・ドレイク外野手が6日、本拠地での西武戦で初打点をマーク。試合は6-7で敗れたものの、来日3試合目で初お目見えした札幌ドームで地元ファンに大きな存在感を示した。

 3回2死一、二塁、西武・ファイフにカウント2-2と追い込まれながらカーブを左前に弾き返した。「前の打席はそれで三振を取られたので狙っていた」。2回の第1打席ではカーブで空振り三振していただけに、納得の表情だ。

 5回2死一塁の場面では、石井一の三塁打で一塁から一気にホームに突入し、ヘッドスライディングで生還した。「アグレッシブなプレーがスタイル。頭から行くと、避けることができて、コリジョンが少なくなるしね」と闘争心全開だ。

 試合中は顔にアイブラックを塗って見た目にも威圧感がある。これには理由があった。「1本塗って、あとの2本は涙。おばあちゃんとおじいちゃんが最近亡くなったから」。天国の祖父母に誓う全力プレーで5位に低迷するチームの起爆剤になる。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング