野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「ノリやすい選手」楽天ウィーラー躍動で首位奪回 3安打4打点&ライトゴロ

楽天の4番・ウィーラーが9日の西武戦で3安打4打点と活躍し、5-4での勝利に導いた。

楽天のゼラス・ウィーラー【写真:荒川祐史】
楽天のゼラス・ウィーラー【写真:荒川祐史】

“ウィーラーデー”に大活躍、梨田監督も「ノリやすい選手」

 楽天の4番・ウィーラーが9日の西武戦で3安打4打点と活躍し、5-4での勝利に導いた。

 先発・塩見が初回に4点を失い、追いかける展開になったが、ウィーラーがバットで跳ね返した。0-4の1回、1死二、三塁。「点を取ることしか考えていなかった」とレフトへ2点タイムリーを放つと、3回には同点2ランをレフトスタンドへ。7回には1死一塁でライトにヒットを打ち、銀次の決勝打を呼び込んだ。

 球場全体が背中を押した。この日の試合は、ウィーラーを応援する「We love ウィーラー!」。ウィーラーのボブルヘッドがプレゼントされたり、そっくりなハクション大魔王とコラボしたグッズが販売されたりした。応援ボードも配られ、打席に立つとKoboパークはウィーラー“一色”に。試合前練習では、選手はもちろん、梨田監督やコーチ陣も「ウィーラー大魔王」Tシャツを着て練習した。

 8回にはライトゴロになる珍プレーもあったが、“ウィーラーデー”で勝利に導く活躍。「試合を決められて嬉しい」と喜んだ。梨田監督は「ノリやすい選手。ファンの方と一緒に盛り上がる中でいい活躍をしてくれた」と拍手を送った。

 この日の勝利で首位に立った楽天。11日からは、「-0.5ゲーム差」でソフトバンクとの首位攻防戦となる。6月30日からのソフトバンク3連戦で3試合連続アーチをかけたウィーラーは「クライマックスシリーズや優勝が決まる試合じゃない。しっかり目の前の試合を戦いたい」と静かに闘志を燃やした。

(高橋昌江 / Masae Takahashi)

人気記事ランキング