野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 11年ぶり日本人選手ゼロも…首位走る強豪Rソックスに日本人スタッフの存在

11年ぶり日本人選手ゼロも…首位走る強豪Rソックスに日本人スタッフの存在

2007年に松坂大輔(現ソフトバンク)と岡島秀樹が入団して以来、10年連続で日本人選手が在籍したレッドソックスだが、昨オフに上原浩治(現カブス)と田澤純一(現マーリンズ)がFA移籍し、今季は11年ぶりに日本人選手が誰もいなくなった。だが、舞台裏に目を向けてみると、実は3人の日本人スタッフが活躍している。

レッドソックスでコーチを務める百瀬喜与志氏【写真:Getty Images】
レッドソックスでコーチを務める百瀬喜与志氏【写真:Getty Images】

パイレーツからヘッドハンティングされた百瀬喜与志コーチ

 2007年に松坂大輔(現ソフトバンク)と岡島秀樹が入団して以来、10年連続で日本人選手が在籍したレッドソックスだが、昨オフに上原浩治(現カブス)と田澤純一(現マーリンズ)がFA移籍し、今季は11年ぶりに日本人選手が誰もいなくなった。だが、舞台裏に目を向けてみると、実は3人の日本人スタッフが活躍している。アシスタント・アスレチックトレーナーの高橋真彩氏、マッサージ・セラピストの内窪信一郎氏、そしてヘッド・ストレングス&コンディショニング・コーチを務める百瀬喜与志氏だ。

 ア・リーグ東地区首位を走るチームを支える3人は、マイナーから叩き上げた高橋氏、上原専属スタッフから請われて球団スタッフになった内窪氏、パイレーツからヘッドハンティングされた百瀬氏と、球団スタッフになった経緯はさまざまだが、共通しているのは選手をはじめ球団からの信頼が厚いことだ。

 ヘッドハンティングという、これぞアメリカという形でレッドソックス入りした百瀬コーチだが、その才能を最初に認めたのは、他でもないファレル監督だった。2014年11月に行われた日米野球で、当時パイレーツに所属していた百瀬コーチはMLB代表チームに同行。代表チームを率いたファレル監督は、ネイティブレベルのスペイン語と英語を操りながら丁寧に指導する姿に驚かされ、レッドソックスに獲得を進言したという。

 百瀬コーチの経歴はユニークだ。日体大を卒業後、海外青年協力隊としてコスタリカで野球の指導をした。スペイン語を覚えたのは、この時だ。その後、アメリカの大学で運動生理学を学び直し、デビルレイズ(現レイズ)を経て2001年にパイレーツ入り。マイナーリーグ担当コーチとしてドミニカ共和国やベネズエラのアカデミーまで足を運び、ポランコやマカッチェンら現主力選手の成長を後押しし、桑田真澄や岩村明憲、五十嵐亮太らが所属した時もサポートした。2013年の第3回WBCでは、ドミニカ共和国代表チームのトレーナーとして、優勝を経験している。

人気記事ランキング