野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今も脳裏に焼きつく亡き先輩の思い ソフトB甲斐が「心」を地面に記す理由

ソフトバンクにとって前半戦最大の収穫だったろう。83試合中48試合でスタメンマスクを被った。長らく、若手捕手の台頭が求められていたチーム事情にあって、ついに出てきた正捕手候補。積年の課題を解消する存在となっているのが、育成出身の捕手、甲斐拓也である。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

ホークス甲斐が欠かすことのない「儀式」、グラウンドに記す「心」の意味

 ソフトバンクにとって前半戦最大の収穫だったろう。83試合中48試合でスタメンマスクを被った。長らく、若手捕手の台頭が求められていたチーム事情にあって、ついに出てきた正捕手候補。積年の課題を解消する存在となっているのが、育成出身の捕手、甲斐拓也である。

“キャノン砲”とも言うべき、強肩を武器とするスローイングは、ファンには知れたところ。他球団にとっては脅威そのものだ。5月2日の西武戦(ヤフオクD)で放った初本塁打が、満塁本塁打という衝撃的な活躍もあった。打席ではバットを短く握り、ホームベースに覆いかぶさるように構える。とにかく、ひたむきという言葉がピッタリと似合う。

 その甲斐には、欠かすことのない、ある「儀式」がある。

 スタジアムやテレビ中継を見て、気づく人もいるかもしれない。守備のイニングの始まり。投手の投球練習が終わり、腰を下ろすと、甲斐は地面へと手を伸ばす。ホームベース付近のグラウンドをしっかりと慣らし、最後に指で一文字を記す。毎イニング、毎イニング、一筆、一筆、丁寧に、だ。

「心」

 きっかけは、工藤公康監督からの一言だった。今季開幕1軍に名を連ね、スタメンマスクを被るようになった24歳は、ある時、指揮官から1つの教えを授かった。「キャッチャーにとって大事なのは気持ちなんだ。投手を勝たせたいという心を、絶対に忘れてはいけない」。指揮官の言葉を機に、この儀式はスタートした。

人気記事ランキング