野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

“巨人の大田”から“日本ハムの大田”へ 北の大地で生まれ変わった男の躍動

「早くユニホームを着たい。楽しみだし、ワクワクしている。“ジャイアンツの大田”というのは忘れてもらって、これからは“ファイターズの大田”として頑張る」2対2のトレードで北海道日本ハムファイターズへ加入した際、日本ハムの大田泰示外野手はこのように意気込みを語っていた。

日本ハム・大田泰示【写真:田口有史】
日本ハム・大田泰示【写真:田口有史】

大きな転機となったトレード、ポテンシャルを開花させる大田

「早くユニホームを着たい。楽しみだし、ワクワクしている。“ジャイアンツの大田”というのは忘れてもらって、これからは“ファイターズの大田”として頑張る」

 2対2のトレードで北海道日本ハムファイターズへ加入した際、日本ハムの大田泰示外野手はこのように意気込みを語っていた。あるいはこの言葉は、苦しみ抜いてきた過去と決別し、未来を見据えていくという強い決意の表れだったのかもしれない。

 未来のスター候補として将来を嘱望された存在だった。東海大相模高校時代からその素質は非常に高く評価され、2008年に福岡ソフトバンクとの競合を経て、ドラフト1位で巨人に入団。母校の大先輩である原監督(当時)からも高い期待をかけられ、かつて松井秀喜氏がつけていた背番号「55」を与えられた。

 しかし、プロ入り後8年間での通算安打数は100本、本塁打は9本。高い身体能力を持ちながら、なかなかそれをうまく活かすことができず。背番号も2013年オフに「44」に変更されるなど、年齢を重ねるごとにチーム内での立場も厳しくなっていった。

 だが、先述のトレードが大田にとって大きな転機となった。同じく獲得した公文と合わせて「右の大砲と左ピッチャー。喉から手が出るほど欲しかった」と、自身を高く評価している栗山監督のもと、大田はそのポテンシャルをついに開花させていく。

人気記事ランキング