野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今や最もファイターズらしい選手に― 日ハム大田「泥臭くというのは大事」

日本ハムの大田泰示外野手が26日のロッテ戦(帯広)で逆転勝ちの突破口を開いた。

日本ハム・大田泰示【写真:石川加奈子】
日本ハム・大田泰示【写真:石川加奈子】

「泰示にかけた」―栗山監督の期待に応えた日ハム大田

 日本ハムの大田泰示外野手が26日のロッテ戦(帯広)で逆転勝ちの突破口を開いた。

 1点を勝ち越された直後の7回無死一塁の場面。「自分の持ち味を存分に出すには、怖がらずに思い切って行くこと」と自分に言い聞かせて打席に立った。ロッテ・唐川の初球の直球を右中間へ。二、三塁と好機を広げて、矢野の逆転打につなげた。チームは4-2で勝利した。

 併殺打の可能性も考えながら最終的に「泰示にかけた」と話した栗山監督。「覚悟してやってくれた。どういう風に打ったら一番確率がいいのか考えて。姿は本当にいい」と勝利の立役者として名前を挙げた。

 7月6日西武戦の走塁中に左ふくらはぎがつって途中交代した後、左足の不安から代打での出場が続いた。13試合ぶりにスタメン復帰したのは前日25日のロッテ戦。その試合でも一塁へのヘッドスライディングでもぎとった内野安打を含めて2安打と完封負けの中で気を吐いていた。

 足の不安はもうない。この日二塁打を放った後、矢野の左前打で二塁から激走して逆転のホームを陥れた。

「トレードしてきて、監督の信頼を得られるように頑張らないといけない。一生懸命やっている姿をファンにも届けたいし、これからも泥臭くというのは大事」と大田は当たり前のようにサラリと言った。今や最もファイターズらしい選手。そのガムシャラな姿勢が、球団移転後通算1000勝目の記念の白星を呼び込んだ。

人気記事ランキング