野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武ルーキー源田が先発・野上を助けるファインプレー

西武のドラフト3位ルーキー・源田壮亮内野手が、好守を見せた。28日のロッテ戦(ZOZOマリン)。4回の守備で、先発の野上を助けるプレーを披露した。

体勢崩しながら一塁送球

 西武のドラフト3位ルーキー・源田壮亮内野手が、好守を見せた。28日のロッテ戦(ZOZOマリン)。4回の守備で、先発の野上を助けるプレーを披露した。

 同点で迎えたこの回、2死の場面だった。1ボール1ストライクからの3球目、ロッテの中村が放った打球は三遊間へのゴロとなった。これに追いついた源田。体勢は崩れていたものの、そのまま、一塁へと送球。無理するわけではなく、落ち着いてワンバウンドで送り、間一髪のところでアウトとした。

 開幕から遊撃の定位置を確保している源田。武器の1つである守備力を如何なく発揮した、源田の良さが凝縮されたファインプレーだった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング