野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大の快投劇にNYメディアが評価修正!?「結局そんなに悪くないかも」

田中将大の快投劇にNYメディアが評価修正!?「結局そんなに悪くないかも」

28日(日本時間29日)に本拠地レイズ戦で8回2安打1失点の快投を披露し、今季8勝目(9敗)を挙げたヤンキース田中将大投手。開幕から調子が安定しなかったエース右腕だが、6月下旬から復調の気配が見えだした。後半戦は3試合はいずれも6回以上を投げて、1勝1敗、防御率3.32の成績。この日は同地区ライバルのレイズを圧倒した右腕について、米スポーツ専門局「ESPN」電子版では「マサヒロ・タナカは結局そんなに悪くないかも」との見出しで、評価を改める記事を掲載した。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

最近7戦は防御率3.06、WHIP0.91、K/BBは9.3

 28日(日本時間29日)に本拠地レイズ戦で8回2安打1失点の快投を披露し、今季8勝目(9敗)を挙げたヤンキース田中将大投手。開幕から調子が安定しなかったエース右腕だが、6月下旬から復調の気配が見えだした。後半戦は3試合はいずれも6回以上を投げて、1勝1敗、防御率3.32の成績。この日は同地区ライバルのレイズを圧倒した右腕について、米スポーツ専門局「ESPN」電子版では「マサヒロ・タナカは結局そんなに悪くないかも」との見出しで、評価を改める記事を掲載した。

 スランプに喘いだ前半戦は、辛口で知られる地元NYメディアや地元ファンから「エースとは思えない」「安定感がない」「年俸通りの働きをしろ」など容赦ない言葉が飛んだ田中だが、6月23日にレンジャーズのダルビッシュ有投手と投手戦を演じ、8回3安打無失点に抑えた。記事によると、その試合から28日レイズ戦までの7戦を見ると、田中は防御率3.06、1イニングあたりの与四球数+被安打数を表すWHIPは0.91で、K/BBは9.3と奪三振数が与四球数を圧倒的に上回り、最近3試合では無四球を記録している。この数字を客観的に判断すると「好投手」に分類されるだろう。

人気記事ランキング