野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

守護神サファテが“男気”の回またぎ登板、ホークス1点差死守で楽天追走

30日、ソフトバンクは4-3で日本ハムに辛勝。ソフトバンクのベンチは1点差に迫られ、なおもピンチが続いた8回2死から守護神サファテを投入。サファテは、2球でこのピンチを切り抜けると、9回もあっさり3者凡退に抑えてチームに勝利をもたらした。

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

工藤監督は感謝「本人が『そういう場面があればいく』と言ってくれた」

 30日、ソフトバンクは4-3で日本ハムに辛勝。ソフトバンクのベンチは1点差に迫られ、なおもピンチが続いた8回2死から守護神サファテを投入。サファテは、2球でこのピンチを切り抜けると、9回もあっさり3者凡退に抑えてチームに勝利をもたらした。

 工藤公康監督は、試合後に8回表の場面を振り返り「サファテ本人も『そういう場面があればいく』と言ってくれていたので、今日はいってもらった」と、守護神の男気に感謝した。

 8回のマウンドを託した岩嵜翔が、先頭の代打・田中賢介に四球を与えたところから筋書きに狂いが生じた。西川遥輝にもヒットを許し、2死後には代わった嘉弥真新也が大谷翔平にどん詰まりのタイムリーを許して1点差。レアード、中田翔と続く場面で、ベンチの選択肢はすでに限られていたが、頼れる守護神が仕事を果たした。

 追い上げのきっかけを作った岩嵜について、工藤監督は「先頭の四球はもったいない。自分の中でバランスが取れていないところもあると思うので、そこはコーチとも話をしていきたい」と復調に向けてサポートを約束した。

 いくらサファテが男気に溢れる投手だとしても、その体力には限界がある。9連戦はまだ始まったばかりだが、今後は勝ちパターンの再編も考慮していく必要がありそうだ。

 また、この試合がプロ初出場初スタメンとなった真砂勇介については「ハードラックな当たりが2本あったが、彼にとっても収穫はあったと思う。結果は凡打だがしっかり打っていけたことは次に繋がるだろう」と評価。プロ初安打に期待を寄せた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング