野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 地区首位独走3チームで主力が怪我、戦力への影響度を米メディアが検証

地区首位独走3チームで主力が怪我、戦力への影響度を米メディアが検証

メジャーではペナントレースが佳境を迎えているが、今季は例年以上に球団間の“格差”が出ている。そのため、ナ・リーグ東地区と西地区、ア・リーグ西地区の3地区では、首位に立つチームが2位以下に10ゲーム以上の差をつけて独走状態だ。だが同時に、ここへ来て独走するチームが主力を怪我で欠くという事態も相次いでいる。そこで米スポーツ専門局「ESPN」公式サイトでは「後半戦に大きなインパクトを与えるのは誰の怪我?」と題した特集記事を掲載した。記事では、ナ東地区首位ナショナルズ、ナ西地区首位ドジャース、ア西地区首位アストロズ、そしてア東地区首位レッドソックスを襲った怪我について検証。ここからの戦い方にどれほどの影響を与えるかについて考察している。

アストロズは左腕カイケルは首負傷から復帰も、コレアが左親指手術

 ア西地区で首位をひた走るアストロズは、若きスター遊撃手コレアが左親指の靱帯を痛めて手術に踏み切った。復帰までに8週間が予定されているが、今季同様の怪我で離脱したトラウト(エンゼルス)は6週間で復帰している。手術方法が異なるため、2人を単純比較することはできないが、9月には戦列復帰が期待できそうだ。唯一の心配は「パワーの低下」だという。スイングする際に親指にかかる負荷は大きく、復帰後すぐに負傷前の成績を求めることはできないかもしれない。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 首の故障から復帰したカイケルは、2日(日本時間3日)レイズ戦で今季初黒星を喫した。神経の問題だけに「このまま症状が現れないままいられるかは最大の謎」としているが、現時点では問題はなさそうだ。

 最後に登場するのは、レッドソックスのエース左腕プライスだ。チームはヤンキース、レイズと激しい首位争いを演じているが、プライスは左肘を負傷して今季2度目のDL入り。すでにキャッチボールを再開させたことは「いい知らせ」としているが、症状が再発可能性は捨てきれず、チームはプレーオフに向けての「不安材料」と見られている。

 いずれの選手もチームにとって欠かせない重要戦力。復帰時期が早いに越したことはないが、復帰を焦って怪我を再発させたら意味はない。プレーオフ進出が確実視されるチームが大半だが、プレーオフでどこまで勝ち上がれるかには、各選手の状況は少なからず影響を与えそうだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」