野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日岩瀬が史上最多タイ949試合登板 救援登板数はアンタッチャブルな記録

8月4日、中日の岩瀬仁紀は同点に追いつかれた直後の9回2死二塁から登板し、巨人の4番・阿部慎之助と対戦。初球を右前打されて満塁となったが、5番・村田修一は3ボール1ストライクから右飛に打ち取った。チームは10回に勝ち越し、岩瀬には勝ちがついた。これで登板数は949試合になり、米田哲也がもつNPB記録に並んだ。42歳と8か月で到達した大記録だ。

中日・岩瀬仁紀【写真:荒川祐史】
中日・岩瀬仁紀【写真:荒川祐史】

登板数上位5投手の中で全く内容が異なる偉業

 8月4日、中日の岩瀬仁紀は同点に追いつかれた直後の9回2死二塁から登板し、巨人の4番・阿部慎之助と対戦。初球を右前打されて満塁となったが、5番・村田修一は3ボール1ストライクから右飛に打ち取った。チームは10回に勝ち越し、岩瀬には勝ちがついた。これで登板数は949試合になり、米田哲也がもつNPB記録に並んだ。42歳と8か月で到達した大記録だ。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

○NPBの通算登板数5傑()は通算勝利数 ※は現役

1.米田哲也(阪急他) 949(350)
1.岩瀬仁紀(中日) 949(55)※
3.金田正一(国鉄) 944(400)
4.梶本隆夫(阪急) 867(254)
5.小山正明(阪神他) 856(320)

 岩瀬は2015年は1軍登板なし。昨年も15試合登板で防御率6.10だった。年齢を考えても限界かと思われたが、今季は見事に復活。6月には14試合に登板して無失点、11ホールドに加え、月間MVP、2014年以来のセーブも記録した。そしてついに、昭和の時代の大投手たちを抜き去ろうとしている。

 しかしながら、オールドファンには岩瀬の数字は額面通りには受け取れないだろう。勝利数を見てもわかるとおり、岩瀬は昭和の大投手とは内容が全く異なっているのだ。

 NPBの通算登板数5傑の先発、救援別の登板試合数を見れば、それがはっきりわかる。

1.米田哲也 949(先発626、救援323)
1.岩瀬仁紀 949(先発1、救援948)
3.金田正一 944(先発569、救援375)
4.梶本隆夫 867(先発487、救援380)
5.小山正明 856(先発583 救援273)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」