野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

中日、リプレー検証覆り先制に成功 ビシエドが生還、巨人小林がタッチも…

中日は5日に敵地で巨人と対戦。リプレー検証で判定が覆り、先制に成功した。

中日のダヤン・ビシエド【写真:荒川祐史】
中日のダヤン・ビシエド【写真:荒川祐史】

タイミングはアウトも…ビシエドが即座にアピールしてリプレー検証に

 中日は5日に敵地で巨人と対戦。リプレー検証で判定が覆り、先制に成功した。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2回2死一塁の場面。藤井が巨人先発・菅野から左中間を破る二塁打を放つと、一塁走者のビシエドが三塁を回り、一気に本塁を狙った。巨人は中継プレーでバックホーム。ボールが戻ってくるタイミングのほうが早く、捕手の小林が捕球してからビシエドが本塁に滑り込む形になった。

 判定はアウト。しかし、ビシエドがすぐにセーフだとアピール。ビデオ判定に持ち込まれた。タイミングはアウトながら、小林のタッチよりもビシエドの左手が早く本塁を触れているようにも見えた。リプレー検証の結果、判定は覆りセーフに。中日が菅野から先制点を奪った。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」