野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「福岡発 売り子名鑑」内定蹴って売り子デビュー、3か月で10杯が110杯に

球場の新たなエンターテインメントとなっている「売り子」。美女どころといわれる福岡のヤフオクドームで働くアサヒビール、キリンビールの両メーカーの売り子を不定期連載で紹介している「福岡発 売り子名鑑」の第24回をお届けする。

アサヒビールの「HAZUKI」さん【写真:福谷佑介】
アサヒビールの「HAZUKI」さん【写真:福谷佑介】

憧れの売り子初日、突きつけられた厳しい現実とは…

 球場の新たなエンターテインメントとなっている「売り子」。美女どころといわれる福岡のヤフオクドームで働くアサヒビール、キリンビールの両メーカーの売り子を不定期連載で紹介している「福岡発 売り子名鑑」の第24回をお届けする。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 今回は、アサヒビールの「HAZUKI」さん、だ。

 売り子界の“オールドルーキー”だ。現在22歳の「HAZUKI」さん。売り子デビューは今季になってからで、まだキャリアは3か月 。大学生や専門学校生など、高校卒業後に売り子を始めることが多い中、22歳で売り子の世界に飛び込んだ彼女は異例の存在だ。

 悩んだ末の挑戦だった。「1年前くらいに売り子をテレビで見るようになって、ヤフオクドームの売り子さんが出ているのを見て、凄いなと憧れたんです。いつかやりたいなと思いながらも、年下の子たちばかりなので、今更かなとも思っていました」。自分より若い女性たちが活躍する世界に、少なからず抵抗はあった。

 専門学校時代に学んだことを生かし、アイリストの仕事に内定も決まっていた。それでも「売り子をやってみたいという気持ちが忘れられず…」。内定先に休日に売り子として働く事を掛け合ってみたものの、「当然、ダメです、と」。案の定、NGだった。「休みの日に単発ででも出来たらいいなと思ったんですけど。でも、やっぱりやりたくて…」。なんと、内定を辞退してまで、売り子になった。

「思っていた以上に厳しい世界でした」という売り子界。初の勤務の日。「最初は3、40杯と聞いていたので、それくらいは、と思っていたんですけど……」。突きつけられたのは「10杯」という現実だった。「もっと売れるものだと思っていました」というイメージが、甘いものだったということを痛感させられた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」