野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリ打線爆発で勝利 吉田正が右中間5階席へ衝撃弾、2打席連発で試合決める

オリックスは8日、本拠地での西武戦に12-6で勝利した。打線が12安打12得点と爆発。2番・吉田正は5階席への超特大弾を含む2打席連続本塁打など、3安打3打点と活躍した。先発・金子は5回7安打5失点(自責2)ながら9勝目(6敗)。好調の西武に打ち勝ち、3連勝とした。

豪快な3ランを放った吉田正尚【写真:(C)PLM】
豪快な3ランを放った吉田正尚【写真:(C)PLM】

吉田正は3打点の活躍、中島&小谷野も3打点で計12得点

 オリックスは8日、本拠地での西武戦に12-6で勝利した。打線が12安打12得点と爆発。2番・吉田正尚は5階席への超特大弾を含む2打席連続本塁打など、3安打3打点と活躍した。先発・金子は5回7安打5失点(自責2)ながら9勝目(6敗)。好調の西武に打ち勝ち、3連勝とした。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オリックスはT-岡田の先頭打者弾で先制すると、中島、小谷野が3打点を挙げるなど4回までに9点を奪った。

 一方、金子も5回までに5失点。4点リードで迎えた5回に吉田正のバットが火を噴いた。1死一塁で西武・田村の直球を振り抜くと、打球は右中間スタンド5階席へ。豪快すぎる一発で6点リードとした。

 オリックスは直後の6回に1点を返されるも、7回には吉田正が田村から2打席連続の本塁打。再び6点差とした。

 オリックスは7回を黒木、8回を近藤、9回を小林とつないで勝利。打線爆発で西武を破った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」