野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 「イチローの生産性はさらに重要に」 今季初3安打で地元メディアが称賛

「イチローの生産性はさらに重要に」 今季初3安打で地元メディアが称賛

マーリンズのイチロー外野手は9日、敵地ナショナルズ戦に「7番・センター」で先発出場。4打数3安打1打点と今季初の“猛打賞”を記録した。今季はメジャー最強とも評される外野トリオが好調のため、先発出場の機会はさらに限定的となっている4番手外野手。それでも結果を残している43歳について、球団公式サイトは「さらに重要となっている」と称賛している。

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】
マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

2戦連続スタメンで今季初“猛打賞”、球団公式サイトが特集「稀有な先発で結果を出す」

 マーリンズのイチロー外野手は9日、敵地ナショナルズ戦に「7番・センター」で先発出場。4打数3安打1打点と今季初の“猛打賞”を記録した。今季はメジャー最強とも評される外野トリオが好調のため、先発出場の機会はさらに限定的となっている4番手外野手。それでも結果を残している43歳について、球団公式サイトは「さらに重要となっている」と称賛している。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2試合連続先発出場となったイチロー。前日は美技を見せたものの、4打数無安打に終わっていたが、この日は1-10の敗戦の中でバットでしっかりと結果を残した。

 第1打席は併殺に倒れたが、0-3と3点を追う4回1死一、二塁ではセンター左へのタイムリー。1-8と点差が広がった7回には先頭で中前安打を放った。そして、1-10で迎えた9回1死一塁では二塁内野安打。1試合3安打は昨年9月12日のブレーブス戦以来で、打率は.241まで上昇した。

 球団公式サイトは「念入りに準備したイチローが稀有な先発で結果を出す」とのタイトルで特集記事を掲載。イチローが今季は完全な代打要員となっていること、2試合連続のスタメンとなったこと、マッティングリー監督が試合後にこの日のパフォーマンスを称賛していたことなどを伝えている。

 その上で「しかし、イチローは木曜には今季打率.269の代打の役割に復帰する見込みだ」と指摘。この日の試合前まで、先発では打率.193だったことも紹介している。この日の3安打で、今季の先発打率は.230となったが、まだ代打の方が成績が良い。不規則なリズムの中で結果を残すことの難しさが数字にも表れているが、代打で上々の数字を残しつつ、先発でも存在感を示したこの試合のパフォーマンスは価値あるものだったと言えそうだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」