野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ソフトバンクの強さを支える堅守、12球団最少失策数でNPB新記録更新も

2017年のプロ野球も8月に入り、終盤戦へと差し掛かってきた。パ・リーグは楽天とソフトバンクがデッドヒートを演じ、目まぐるしく首位が入れ替わる展開となっている。2013年以来の優勝を狙う楽天か、V奪還を狙うソフトバンクか。激しい攻防は、まだしばらく続きそうな様相である。

ソフトバンク・松田宣浩【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・松田宣浩【写真:荒川祐史】

投打に隠れたもう1つの強さ、12球団屈指の守備力

 2017年のプロ野球も8月に入り、終盤戦へと差し掛かってきた。パ・リーグは楽天とソフトバンクがデッドヒートを演じ、目まぐるしく首位が入れ替わる展開となっている。2013年以来の優勝を狙う楽天か、V奪還を狙うソフトバンクか。激しい攻防は、まだしばらく続きそうな様相である。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 そのソフトバンクは12日の日本ハム戦(ヤフオクD)に1-0で勝利。虎の子の1点を守り抜く試合を戦った。この試合は、先発の千賀が7回無失点と好投したこともあるが、バックが好守で盛り立てた側面もある。

 5回には1死から左翼・中村晃が前方への鋭いライナーをスライディングキャッチし、その直後には中堅・柳田が左中間への飛球に猛然とダッシュし、ランニングキャッチ。9回にも二塁・高田が二遊間への当たりを上手く処理してアウトにした。

 野手陣の相次ぐ好守もあっての快勝に、工藤公康監督も「今日は守りで勝った試合。みんなに1点を守ろうという意識があるし、投手も野手もしっかり守ってくれている」と目を細めていた。

 他球団を凌駕する選手層を誇るソフトバンク。切れ目のない打線は強力だし、サファテを中心したリリーフ陣は鉄壁だ。怪我人が相次いだ先発陣も、次々と新戦力が台頭し、その穴を埋めてきた。投打に力の高さがあるが、ソフトバンクの強さとして、チーム全体の守備力が12球団で、ずば抜けていることを忘れてはいけない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」