野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

来日3年目で初の2桁勝利 ソフトBバンデンハーク、キャリア初最多勝も視野

福岡ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手が、8月9日の千葉ロッテ戦で来日初の2桁勝利を達成した。1軍デビュー後は「負けない男」と呼ばれ、今や福岡ソフトバンクの先発陣の柱の1人として厚い信頼を寄せられているバンデンハークだが、来日直後は1軍登板すらもままならない苦しい時期を経験していた。

ソフトバンクのリック・バンデンハーク【写真:荒川祐史】
ソフトバンクのリック・バンデンハーク【写真:荒川祐史】

プロ野球新記録のデビュー14連勝も、過去2年は2桁勝利には届かず

 福岡ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手が、8月9日の千葉ロッテ戦で来日初の2桁勝利を達成した。1軍デビュー後は「負けない男」と呼ばれ、今や福岡ソフトバンクの先発陣の柱の1人として厚い信頼を寄せられているバンデンハークだが、来日直後は1軍登板すらもままならない苦しい時期を経験していた。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2014年、韓国プロ野球で最優秀防御率と最多奪三振の2冠に輝き、翌年福岡ソフトバンクに入団したバンデンハーク。しかし、当時のチームには、日本球界での実績充分なスタンリッジ、サファテ、李大浩に加えて、この年連続試合ホールドの日本タイ記録をマークするバリオスが在籍しており、1軍の外国人枠を埋めていた。バンデンハーク自身が負傷で出遅れアピールの機会を失っていたこともあり、ファームで好投を続けながらもなかなか昇格の声がかからない時期が続いた。

 初昇格を果たしたのは交流戦期間中の6月14日。広島を相手に6回を投げて自責点1に抑え、見事に来日初勝利を飾った。その後もローテーションの軸の1人として快投を続け、15試合に登板して9勝無敗、防御率2.52という数字を残す。チームのリーグ優勝に大きく貢献するとともに、日本シリーズでも第2戦に登板して8回無失点と完璧な投球を披露し、来日1年目にして日本一の歓喜を味わった。

 先発陣の柱の1人として期待された翌2016年も開幕から無傷で勝利を重ね、5月10日の千葉ロッテ戦において、日本プロ野球新記録となるデビューからの14連勝を達成。球史にその名を刻んだ。

 しかし、次の登板となった5月17日の北海道日本ハム戦で来日初黒星を喫すると、6月からは体調不良と首の負傷で3か月以上にわたって戦線を離脱してしまう。9月中盤に復帰してからの成績も3試合で1勝2敗と振るわず、シーズン全体では13試合で7勝3敗、82回、防御率3.84と、前年の活躍に比較するとやや物足りない成績に終わってしまった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」