野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元西武助っ人が19歳の松井稼頭央を回想 「米で成功しなかったのが驚きだ」

現在NPBでは40歳を超える野手が6人プレーしている。最年長は今季限りの引退を発表しているロッテの井口資仁で42歳。それに続くのが、松井稼頭央(楽天)の41歳だ。2人は共にメジャーでプレーした後、日本球界に復帰。井口は二塁から一塁へ、松井は遊撃から外野へコンバートされながらも、戦力としてはもちろん、チームの精神的な支柱として大きく貢献している。

メジャーで成功しなかったのは「プレッシャーと付き合えなかったのかも」

 プロ入り間もなく松井は、右打ちから両打ちへ変わった。この時の取り組みについても「体にパットを巻き付けて左打席に立たせ、文字通り体にボールを投げつけていた。体を開かず、ボールを引きつけて打つ方法を学ばせるためだ」と、メジャーでは想像もできない育成法を知った衝撃を語ったという。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 試合前のウォームアップでジョギングをすると、あっという間にジャクソン氏に大差をつけるスピードを持っていたという松井について、ジャクソン氏は「最高の肩を持ち、最速の足を持ち、弾丸ライナーでどこにでも打球を飛ばしていた」と“走攻守”3拍子揃った桁外れのアスリートだったと振り返り、「ここ(アメリカ)で成功しなかったのが驚きだ」と話したそうだ。

 同時に、その原因についても考察。松井は「とてもシャイで、非常に物静かだった」と振り返り、「プレッシャーとうまく付き合えなかったのかもしれない」とした。

「キッド」と呼ばれた松井も、今では41歳の大ベテラン。来季も現役続行となればNPB最年長野手となるが、今もなお選手としての輝きを失うことはない。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」