野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「俺が捕手に一番求めているのは『恕』」―ハム栗山監督が黒羽根を称える理由

日本ハムの黒羽根利規捕手が20日、本拠地での西武戦で上原健太投手をプロ初勝利に導いた。打っても2安打1打点。DeNAから移籍後初めて上がったお立ち台では、北海道のファンの心をつかんだ。

初勝利の上原も黒羽根を信頼「思い切って投げることができた」

「恕」とは孔子が人生で一番大事なものだと説いた思いやりのこと。投手の身になって考え、何とか良さを引き出そうと全力を尽くす姿勢が指揮官の琴線に触れた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 プロ初勝利を挙げた上原も黒羽根への厚い信頼を口にした。「フォアボールを連発してどうなるかと自分でも思っていたのですが、黒羽根さんが呼んでくれて、思い切って投げることができました」。苦しい投球の中で18.44メートル先の女房役が大きく見えたに違いない。

「今日はみんなが何とかしようと空気になったことがうれしい」と試合内容に手応えを感じた栗山監督。「恕」を表現する捕手の加入がチームに少しずつ化学変化をもたらしている。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」