野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

膝の負傷との戦い、戦力外、異例の営業転身 ドラフト5球団競合左腕の今

プロ野球の世界は華やかで、厳しい。選手として20年以上のキャリアを全うし、引退後も野球に携わりながら生きていくことが出来る人間はごく一部だ。20代で戦力外を通告され、新しい世界で第2の人生をスタートさせる選手がほとんどだが、その道は険しくなることもある。引退した選手がどのようにして「セカンドキャリア」を築いていくかは、プロ野球界の大きな課題とも言える。

元楽天・長谷部康平氏【写真:岩本健吾】
元楽天・長谷部康平氏【写真:岩本健吾】

異例の転身1年目――楽天に残留した長谷部さんが営業マンとして感じる“熱”

 プロ野球の世界は華やかで、厳しい。選手として20年以上のキャリアを全うし、引退後も野球に携わりながら生きていくことが出来る人間はごく一部だ。20代で戦力外を通告され、新しい世界で第2の人生をスタートさせる選手がほとんどだが、その道は険しくなることもある。引退した選手がどのようにして「セカンドキャリア」を築いていくかは、プロ野球界の大きな課題とも言える。

 昨年末、「異例の転身」として大きな話題となったのが、2007年の大学・社会人ドラフトで5球団から指名を受けた元楽天左腕の長谷部康平さんだ。昨シーズン限りで戦力外となった長谷部さんに対して、球団は営業での“残留“を要請。現在、スーツを着こなして営業職に励んでいる。

 日々の生活は、基本的に9時始業で17時30分に終業。月曜から金曜までの週5日勤務で、土日は休みという生活だが、幼い頃から野球を続けていた長谷部さんにとっては、このリズムが新鮮だという。

「基本は土日休みですが、小学校2年生から野球をやっているので、32歳になってはじめて土日休みを経験しているんです。いつも『今週の土日は何してやろうか』と考えてるんですよ(笑)。すごく新鮮なので。今までは休みはあるけど、無いようなものだったんです。大学、高校も含めて、オフにも調整があったり、色々あるので、心が休まらない。

 今はこうやって土日が休みなんですけど、(月~金の)5日間が苦じゃないんですよ。よく、『日曜日の夜になると明日から仕事で憂鬱』と聞いていたんですけど、それが全然ないんです。水曜くらいになってくると、次の次の日は金曜の夜……。金曜の夜が迫ってくるんですよ。それが嬉しいんです。で、『土日は家族で何してやろうか』って。春は春の行事に参加して、夏は夏の行事に参加できる。これもすごく楽しい。時間的なこととかは何にも苦じゃないですね」

 当初は年間シートの担当を務めていたが、5月にはスポンサー担当へと異動になった。日々の仕事については「楽しいですよ。勉強のためじゃないですけど、こういうのをやりたくて入ってきたので。やりがいがある。充実した感じです」と笑みを浮かべる。新たな挑戦を心底、楽しんでいる様子だ。

 そもそも、なぜ営業への転身を決断したのか。実は、楽天野球団から“オファー”がなくても、引退後は営業職の仕事に就く希望を持っていたという。

「僕の考えとしては、(引退後は)野球以外のことをしたかったんですよ。僕は20年ほど野球をやってきたので、これを利用して仕事をするのもありなんですけど、たった一度の人生なので、違うことにチャレンジしてみるのもいいんじゃないかと思って。やってみて駄目なら違うことにチャレンジしてみてもいいし、本当に新しいことにチャレンジしてみたいというのが一番強かったので。なので、野球以外で何かしようと考えてたんですよ。そう考えていたら、たまたまそういう話をもらったので、これはいいなと思って。『是非やらせてください』ということだったんです」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」