野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテが来年2月17、18日に石垣島で台湾Lamigoと3度目の交流戦を実施

ロッテは28日、来年2018年2月17、18日に、石垣市中央運動公園野球場にて、CPBL(中華職業棒球聯盟)のLamigoモンキーズとの交流試合を行うと発表した。

山室球団社長「回を重ねるごとに盛り上がりを増しています」

 ロッテは28日、来年2018年2月17、18日に、石垣市中央運動公園野球場にて、CPBL(中華職業棒球聯盟)のLamigoモンキーズとの交流試合を行うと発表した。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 石垣市主催で「アジアゲートウェイ交流戦(亞洲門戸交流戰)Power Series2018 in石垣島」として行われる交流戦。Lamigoモンキーズは2011年にLanewベアーズからチーム名を変更した。ロッテから派遣コーチとして球団OBの荘勝雄氏が2010年から2013年に派遣されるなど、深い交流がある。

 2014年から交流戦を行い、石垣島が舞台となるのは、これが3度目。2014年に台湾・桃園県で行われた交流試合は1勝2敗、2016年に石垣島で行われた際は1勝1敗、2017年も1勝1敗だった。

 ロッテの山室晋也球団社長は「来年も開催が決まり、大変嬉しく思っています。昨年から行っている石垣島での、この交流戦も来年で3回目となり、回を重ねるごとに盛り上がりを増しています。ファンの皆さんによる応援合戦やパフォーマーの技の魅せ合い、熱気溢れる雰囲気は両チームのシーズンスタートに勢いを与えてくれます。来年も多くの方々に交流戦を盛り上げて頂き、また石垣島の自然や食など球場の枠を越え多くの魅力に触れて頂けたら思っています。皆様のお越しを心よりお待ちしております」とコメントした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」