野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 地元紙が“猛プッシュ” 驚異の本塁打量産、スタントンはMVPに輝くべきか

地元紙が“猛プッシュ” 驚異の本塁打量産、スタントンはMVPに輝くべきか

マーリンズのジャンカルロ・スタントン外野手は30日(日本時間31日)の敵地ナショナルズ戦で4打数無安打と不発に終わった。8月は18本塁打と驚異の量産体制に入っていたが、ひと休みに。ただ、今季はすでに51本塁打を放っており、史上6人目のシーズン60発に届くペース。プレーオフ進出を目指すマーリンズはこの日、ナショナルズに0-4で敗れて痛恨の3連敗を喫したが、地元メディアはスタントンが今季のリーグMVPに選出されるべきかを検証している。

マーリンズのジャンカルロ・スタントン【写真:Getty Images】
マーリンズのジャンカルロ・スタントン【写真:Getty Images】

本塁打数で2位以下に圧倒的な差、チームを躍進に導いている点も評価?

 マーリンズのジャンカルロ・スタントン外野手は30日(日本時間31日)の敵地ナショナルズ戦で4打数無安打と不発に終わった。8月は18本塁打と驚異の量産体制に入っていたが、ひと休みに。ただ、今季はすでに51本塁打を放っており、史上6人目のシーズン60発に届くペース。プレーオフ進出を目指すマーリンズはこの日、ナショナルズに0-4で敗れて痛恨の3連敗を喫したが、地元メディアはスタントンが今季のリーグMVPに選出されるべきかを検証している。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 地元紙「マイアミ・ヘラルド」のコラムニスト、グレッグ・コート氏はスタントンがMVPに値すると主張。MVPは全米野球記者協会の記者投票によって決まるが、仮に記者仲間がスタントンに投票しなければ、隅っこに座り、飲酒テストの結果を待つべきだと、“猛プッシュ”している。

 スタントンは4、5、6月に7本塁打ずつをマーク。7月は12発とペースを上げると、8月は18発とさらに加速。31日(同9月1日)の本拠地フィリーズ戦でホームランが飛び出せば、1937年にルディ・ヨークが記録した8月のメジャー最多記録(18本塁打)を80年ぶりに更新することになる。

 量産体制に入ったスタントンには誰もついていくことができず、メジャー全体では2位アーロン・ジャッジ(ヤンキース)の37本に14本差。さらに、ナ・リーグ2位のコディ・ベリンジャー(ドジャース)は現在34本で、実に17本もの大差をつけている。

 記事では、1949年のラルフ・カイナー、1932年のジミー・フォックスの名前を列挙し「カイナーはナ・リーグで17本以上の本塁打差(18)をつけた最後の選手だった。そして、フォックスはメジャー全体の本塁打ランキングで17本差をつけた最後の選手である」と説明。いずれも何十年も前の話で、スタントンが他の選手に圧倒的な差をつけていることが、いかに凄いかを強調している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」