野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス東浜、“突進”アマダーに理解「真剣勝負でやっている証拠」

1日、ソフトバンクの東浜巨が7回途中まで楽天打線を抑え、ハーラートップの14勝目をマークした。2回にはアマダーが高めの球に怒ってマウンドに突進する場面もあったが、そんなアクシデントにも動揺することなく、前回の黒星を挽回する好投を見せた。

ソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】

前回の黒星から自分なりの調整、「常に崖っぷちという気持ち」

 1日、ソフトバンクの東浜巨が7回途中まで楽天打線を抑え、ハーラートップの14勝目をマークした。2回にはアマダーが高めの球に怒ってマウンドに突進する場面もあったが、そんなアクシデントにも動揺することなく、前回の黒星を挽回する好投を見せた。

「状態はいい方ではなかった」という東浜。その言葉通り、2回以降は毎回ヒットを許し、3回からは4イニング連続で先頭打者の出塁を許した。それでも「しっかり粘れてよかった。四死球がなかったことが一番」と、自らの粘投を振り返った。

 お立ち台では「同じ失敗は繰り返せないし、カード頭を任されている以上はしっかり投げないといけない。崖っぷちだと思って1週間を過ごした」と語った。4回5失点で4敗目を喫したロッテ戦から1週間。その間の調整では「ブルペンを2回に増やし、疲労を考えて2週間やめていたトレーニングを戻した」という。しかし東浜は「それよりも気持ちの面ですね」と続けた。

「常に崖っぷちという気持ちはもっている。どれだけ勝っても、ファームにもいい投手がいっぱいいるし、(黒星を喫した前回と)同じことをやっていたら他の投手にも顔が立たない」

 そんな東浜の気持ちを察してか、工藤公康監督も「1週間の過ごし方を自分で考えながらやってくれた。緊張感ある1週間を過ごしたと思う」と語った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中