野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

安田&櫻井の適時打、井上の3ランで8点差に 清宮は大飛球も柵越えならず

侍ジャパンU-18代表は1日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)の初戦でメキシコ代表と対戦。3点リードの7回に3番安田のタイムリーなどで、追加点を奪った。

メキシコ戦でタイムリー安打を放つ侍ジャパンU-18代表・安田尚憲【写真:Getty Images】
メキシコ戦でタイムリー安打を放つ侍ジャパンU-18代表・安田尚憲【写真:Getty Images】

7回に一挙5得点で8点リード

 侍ジャパンU-18代表は1日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)の初戦でメキシコ代表と対戦。3点リードの7回に3番安田のタイムリーなどで、追加点を奪った。

侍ジャパンU-18代表、初の世界一に向けて初戦は10得点でメキシコに大勝(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この回先頭の2番伊藤が四球で出塁し、暴投で二塁。すると、安田は6球目のストレートを鮮やかにセンター前に弾き返し、伊藤が生還した。

 さらに、続く清宮は初球の直球を捉える。打球は右中間方向へ高く舞い上がったものの、最後はライトがフェンス手前でキャッチ。わずかに飛距離が足りず、高校通算110本目の本塁打とはならなかった。

 5番の中村は遊ゴロに倒れるも、櫻井はセンター前にはじき返すタイムリー。そして、2死一、二塁から8番・井上はライトへ3ラン。この回一挙5得点で9-1と大きくリードを広げた。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中