野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人、直接対決7連勝で3位DeNAに0.5差 畠7回1失点&マギー3安打3得点

巨人は2日、敵地でのDeNA戦に3-1で勝利した。4連勝で、3位DeNAとはついに0.5ゲーム差。先発のドラフト2位ルーキー畠が7回5安打1失点7奪三振の快投で自身4連勝とし、5勝目(1敗)を挙げた。打線はマギーがヒットでチャンスを作り、相手の押し出し四球で同点、暴投で勝ち越しとしぶとく得点を奪った。

畠は自身4連勝で5勝目、押し出しで同点&暴投で勝ち越し

 巨人は2日、敵地でのDeNA戦に3-1で勝利した。4連勝で、3位DeNAとはついに0.5ゲーム差。先発のドラフト2位ルーキー畠が7回5安打1失点7奪三振の快投で自身4連勝とし、5勝目(1敗)を挙げた。打線はマギーがヒットでチャンスを作り、相手の押し出し四球で同点、暴投で勝ち越しとしぶとく得点を奪った。

 DeNAの先発・石田の前に3回まで無安打と抑え込まれた巨人。すると、3回には畠が筒香にタイムリーを浴び、先制を許した。

 しかし、直後の4回に1死からマギーが二塁を放つと、阿部、村田の四球で2死満塁に。ここで長野も四球を選び、3連続四球で押し出し。思わぬ形で同点に追いついた。

 さらに、6回も先頭マギーがヒットで出塁すると、坂本勇は四球、村田も敬遠気味の四球で1死満塁に。長野は2番手・尾仲の前に空振り三振に倒れたものの、亀井の打席で暴投。相手のバッテリーミスで勝ち越した。

 畠が4回以降は快投を見せる中、7回には2死からマギーのヒット、坂本の四球で一、二塁とし、阿部が田中健からタイムリー。貴重な追加点を奪った。マギーは3安打3得点と全得点に絡む活躍だった。

 8回は西村が無失点に抑えると、9回はカミネロが締めて勝利。DeNAには7連勝で、0.5ゲーム差に迫った。DeNAは3連敗。3日も巨人が勝てば、順位が入れ替わる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中