野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNAが3位死守、巨人戦連敗「7」でストップ 濱口が8回無失点で9勝目!

DeNAは3日、本拠地での巨人戦に1-0で勝利し、3位を死守した。

8回に柴田が均衡破る決勝犠飛、巨人はマイコラスを援護できず

 DeNAは3日、本拠地での巨人戦に1-0で勝利し、3位を死守した。0.5ゲーム差で迎えた一戦で、先発のドラ1濱口が8回2安打無失点3奪三振3四球と快投。打線は8回に柴田の犠飛で1点をもぎ取った。濱口は同じドラ1ルーキーだった昨年の今永(8勝)を上回る9勝目(5敗)。DeNAは連敗を3で止めた。一方、巨人はマイコラスが7回無失点の好投も打線が援護できず。2番手マシソンが決勝点を奪われ、連勝は4で止まった。

 濱口は5回まで無安打投球。6回に小林に初ヒットを許すも、陽岱鋼を併殺に仕留めた。7回も先頭マギーをヒットで出しながら、後続を断って無失点。8回も先頭長野に四球を与えたが、小林を併殺に打ち取った。

 一方、打線もマイコラスの前に沈黙。6回は桑原、柴田、筒香が3者連続三振に倒れるなど、得点を奪えなかった。しかし、8回に1死から倉本、桑原の連続ヒットで一、三塁と好機を作ると、柴田がセンターへ値千金の犠飛。ついに均衡を破った。

 9回は守護神・山崎康が締めて勝利。負ければ4位転落だったが、巨人戦での連敗を7で止め、Aクラスを死守した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中