野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

3位死守のDeNAは5日からヤクルト3連戦、初戦は好相性ウィーランドが先発

3日の巨人戦に1-0で競り勝ち、リーグ3位を死守したDeNAは、5日から最下位ヤクルトと本拠地での3連戦に臨む。相手はすでにクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性も消滅しており、DeNAとしては1つでも多く勝っておきたいところだ。

DeNA・ウィーランド【写真:荒川祐史】
DeNA・ウィーランド【写真:荒川祐史】

Bクラス確定のヤクルト相手に貯金を増やせるか

 3日の巨人戦に1-0で競り勝ち、リーグ3位を死守したDeNAは、5日から最下位ヤクルトと本拠地での3連戦に臨む。相手はすでにクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性も消滅しており、DeNAとしては1つでも多く勝っておきたいところだ。

 初戦に先発するウィーランドは、完成度の高い投球で信頼を得ているが、ここ3試合は勝ち負けがつかず。特に直近の2試合となった8月23日の広島戦、同29日の中日戦では、ともに5回で降板、それぞれ6失点、5失点と結果を残せていない。

 それでも、ヤクルトには今季3戦2勝、防御率0.87と相性がいいだけに、好投が期待できそうだ。先週のローテーションを当てはめると、第2戦以降は8月30日の中日戦で待望のプロ初勝利を挙げた飯塚、チーム最多の10勝をマークしている今永の登板が見込まれる。

 チームは1日に新スローガン「「OUR TIME IS N.O.W.」(すべては、この時のために。)」を発表した。チーム全員、ファンが一丸となって、レギュラーシーズンの残り約1か月を戦い抜く。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中