野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍、6回に逆転に成功! 3安打&相手失策が絡み2得点

侍ジャパンU-18代表は日本時間5日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド第4戦、オランダ戦で6回に逆転に成功した。

侍ジャパンU-18代表・藤原恭大【写真:沢井史】
侍ジャパンU-18代表・藤原恭大【写真:沢井史】

オランダ先発右腕に苦戦も6回に2得点

 侍ジャパンU-18代表は日本時間5日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド第4戦、オランダ戦で6回に逆転に成功した。

 2勝1敗で迎えた一戦で日本は相手の先発右腕ブレークの前に苦戦。初回から4イニングで3者凡退に終り、無安打が続いた。すると4回裏には先発の徳山壮磨(大阪桐蔭)が1死二塁から4番アポステルにフェンス直撃の中越えタイムリー二塁打を浴びて、先制点を献上。重苦しい雰囲気が漂った。

侍ジャパンU-18代表、キューバに快勝! オーダー変更も奏功、小園は3安打2打点の活躍(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 5回には先頭の4番・清宮幸太郎(早稲田実)が左中間を破る二塁打を放つも、中村奨成(広陵)の犠打で1死三塁とした場面で櫻井周斗(日大三)が三振、古賀悠斗(福岡大大濠)が一ゴロに倒れてチャンスを逸した。

 しかし6回、先頭の丸山和郁(前橋育英)が中前安打で出塁し、二盗成功で無死二塁に。続く西巻賢二(仙台育英)の犠打は相手投手が送球できず、無死一、三塁とチャンスを広げた。直後、一塁牽制悪送球で丸山が生還し、同点。藤原恭大(大阪桐蔭)が左前安打で続き、無死一、三塁とするも、藤原は牽制アウト。それでもその後、2死三塁で安田尚憲(履正社)が打席に入った場面で暴投で勝ち越し点を奪った。

 日本は6回を終えて2-1とリードしている。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中