野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

清宮が高校通算110号、完璧な一発で自身の記録更新 待望の今大会1号

侍ジャパンU-18代表は5日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド第5戦で南アフリカと対戦。7点リードの4回に清宮幸太郎内野手(早実)が今大会初本塁打を放った。これで史上最多の高校通算本塁打数を「110」に伸ばした。

南アフリカ戦に出場する侍ジャパンU-18代表・清宮幸太郎【写真:Getty Images】
南アフリカ戦に出場する侍ジャパンU-18代表・清宮幸太郎【写真:Getty Images】

右翼へと運ぶ完璧な一発

 侍ジャパンU-18代表は5日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド第5戦で南アフリカと対戦。7点リードの4回に清宮幸太郎内野手(早実)が今大会初本塁打を放った。これで史上最多の高校通算本塁打数を「110」に伸ばした。

侍ジャパンU-18代表、鮮やか逆転劇&1失点リレーでオランダ撃破、スーパーR進出決定!(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この試合は初めて「4番・DH」で先発した清宮。7点リードの4回に2死走者なしで打席に立つと、3ボール1ストライクからフルスイング。打った瞬間にそれと分かる完璧な打球がライトのフェンスを越え、清宮はゆっくりとダイヤモンドを一周した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中