野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

清宮、待望の大会初本塁打 高校通算記録更新に「110号って響きもいい」

侍ジャパンU-18代表は5日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド第5戦で南アフリカと対戦し、12-0で7回コールド勝ちした。清宮幸太郎内野手(早実)が4回に今大会初本塁打。2年前も含めてW杯1号で、自身が持つ高校通算本塁打記録を110本に伸ばした主将は「110号って響きもいいですし、節目の一本だったかなと思います」と振り返った。

南アフリカ戦に出場した侍ジャパンU-18代表・清宮幸太郎【写真:Getty Images】
南アフリカ戦に出場した侍ジャパンU-18代表・清宮幸太郎【写真:Getty Images】

右翼へ豪快な一発「節目の一本」「みんな喜んでくれたのが嬉しかった」

 侍ジャパンU-18代表は5日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド第5戦で南アフリカと対戦し、12-0で7回コールド勝ちした。清宮幸太郎内野手(早実)が4回に今大会初本塁打。2年前も含めてW杯1号で、自身が持つ高校通算本塁打記録を110本に伸ばした主将は「110号って響きもいいですし、節目の一本だったかなと思います」と振り返った。

侍ジャパンU-18代表、鮮やか逆転劇&1失点リレーでオランダ撃破、スーパーR進出決定!(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 サンダーベイに快音が響き渡った。7点リードの4回、2死走者なしで打席に立った清宮は、3ボール1ストライクから右腕オブライエンのチェンジアップを完璧に捉えた。打った瞬間にそれと分かる豪快な一発。打球が右翼フェンスを軽々と越えると、清宮はゆっくりとダイヤモンドを一周した。

 ややレベルの落ちる南アフリカを相手に、チームも完勝。試合後、清宮は「相手のミスもかなりありましたけど、しっかり0で抑えて点を取ってコールドで勝てたのは内容のある試合だった」とまずはチームの勝利を喜んだ。

 さらに、自身の高校通算110号については「打った瞬間いったなと思いました。110号って響きもいいですし、節目の一本だったかなと思います。(ベンチに)帰ってきてからも『やっとだな』とか『遅いよ』と言われました。みんな喜んでくれていたので、それが1番嬉しかったです」と満足げに振り返った。

 4勝1敗でスーパーラウンドへ進むことになった日本にとって、頼もしい主砲の“お目覚め”。この先は勝利へと導く一発に期待がかかる。主将としてチームを牽引する清宮は「スーパーラウンドしっかり勝ち抜いて、決勝でどこが勝ってくるか分からないけど、しっかり倒して優勝したい」と誓った。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中