野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太、5回1失点も85球降板で勝敗つかず ドジャース6連敗、Dバックス13連勝

前田健太、5回1失点も85球降板で勝敗つかず ドジャース6連敗、Dバックス13連勝

ドジャースの前田健太投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのダイヤモンドバックス戦で5回4安打1失点1四球8奪三振と好投。しかし、同点の5回に代打を送られて85球で降板となり、勝敗はつかなかった。ドジャースは前田の降板後に勝ち越されて1-3で敗れ、今季最長の6連敗。一方、ダイヤモンドバックスは球団新の13連勝を飾った。

5回まで4安打8奪三振の好投も…ドジャースは最近12試合で1勝11敗

 ドジャースの前田健太投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのダイヤモンドバックス戦で5回4安打1失点1四球8奪三振と好投。しかし、同点の5回に代打を送られて85球で降板となり、勝敗はつかなかった。ドジャースは前田の降板後に勝ち越されて1-3で敗れ、今季最長の6連敗。一方、ダイヤモンドバックスは球団新の13連勝を飾った。

 ダイヤモンドバックスには今季4試合登板で0勝2敗、防御率9.35と苦手にしていた前田。初回には1死二、三塁とピンチを背負うも、マルティネスを直球で空振り三振。続くデスカルソの左中間へとフラフラと上がるフライをグランダーソンが滑り込んでグラブの先で収め、無失点で切り抜けた。グラブから零れ落ちそうなギリギリの捕球に、前田も思わず驚きの表情を浮かべた。

 ドジャースはその裏にベリンジャーのニゴロの間に1点を先制。前田は直後の2回、味方の失策でピンチを招き、ピッチャーのウォーカーに適時二塁打を浴びて同点とされた。

 3回は快投で3者凡退。4回も先頭打者を四球で出し、さらにヒットも浴びてピンチを背負ったが、ピッチャーのウォーカーを今度は直球で空振り三振に打ち取った。5回は再び3者凡退と乗ってきたかに見えたが、その裏の攻撃で代打イーシアが送られて前田は降板。ドジャースはこの回も無得点に終わった。

 チームは中継ぎ陣が2点を失い、1-3で敗戦。今季は圧倒的な強さを見せてきたが、今季最長の6連敗を喫した。5連敗の後、エース左腕カーショーの復帰戦で1勝して、次の試合から6連敗と最近12試合は1勝11敗の失速。前田は85球を投げてストライクは53球。今季最多タイの8三振を奪う快投も、白星はつかず、防御率は4.02となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中