野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパンが豪州に初回2得点! 櫻井が先制タイムリー

侍ジャパンU-18代表が7日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のスーパーラウンド第1戦、オーストラリア戦で初回に2点を先制した。

侍ジャパンU-18代表・安田尚憲【写真:Getty Images】
侍ジャパンU-18代表・安田尚憲【写真:Getty Images】

磯村は初回のピンチ切り抜ける

 侍ジャパンU-18代表が7日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のスーパーラウンド第1戦、オーストラリア戦で初回に2点を先制した。

侍ジャパンU-18代表が南アフリカに大勝 主将の清宮に待望の今大会1号が飛び出す(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この日は先発した磯村峻平投手(中京大中京)が初回1死一、三塁のピンチを迎えたが、相手の4番、5番を連続三振に仕留めると、その裏、侍打線が好機を作った。

 先頭の藤原恭大(大阪桐蔭)がショートへの内野安打を放つと、1死後、安田尚憲(履正社)もライトへのヒットをマークして一、三塁に。ここで4番・清宮幸太郎(早稲田実)は空振り三振に倒れたが、櫻井周斗(日大三)がセンター前に先制のタイムリーを放った。さらに中村奨成(広陵)の打球を相手ショートが一塁に悪送球。この間に、安田が生還を果たしてこの回2点を奪った。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中