野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム大谷翔平が1年ぶり1試合2発! 2本塁打目は右翼ポール直撃の衝撃弾

日本ハムの二刀流右腕・大谷翔平が8日の敵地西武戦で1年ぶりの1試合2発を放った。この日は2安打4打点の活躍。10安打で9点を奪ったチームは9-2と勝利して、連敗を2で止めた。

日本ハムは10安打9得点で西武に快勝

 日本ハムの二刀流右腕・大谷翔平が8日の敵地西武戦で1年ぶりの1試合2発を放った。この日は2安打4打点の活躍。10安打で9点を奪ったチームは9-2と勝利して、連敗を2で止めた。

「3番・DH」でスタメン出場した大谷は初回1死一塁の場面で相手先発の野上からセンター中段に飛び込む豪快な先制2ランをマーク。8月17日の本拠地ロッテ戦、出場13試合ぶりとなる一発に「打ったのは真っすぐですね。久しぶりのホームランです。外よりのボールだったんですけど芯で捉えることができたので、思ったより伸びてくれました。初回に先制できてよかったです」とコメントした。

 さらにリードを7点に広げた4回2死二塁では2番手・ガルセスから強烈な打球を放ち、右翼ポールに直撃する衝撃弾をマーク。大谷の1試合2発は昨年9月10日の楽天戦以来、1年ぶりとなった。

 日本ハムは4回に7点を奪う猛攻を見せて西武に快勝。松本が2安打2打点、大田も3安打1打点の活躍を見せた。投げては高梨が8回途中を5安打2失点と力投し、5勝目。一方、西武は野上が4回途中8安打8失点で9敗目を喫した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中